英語フレーズ

awayは使いこなせると便利!コアイメージ・用法・使い方を徹底解説!

こんにちは、さかちゃん(@SakachanEnglish)です。

皆さん「away」を使いこなせてますか?

away」が使いこなせると、表現の幅がグンと広がりますよ!

本記事では「away」のコアイメージ・用法・使い方を徹底解説していきます。

それでは始めましょう!

「away」のコアイメージ・用法

away」のコアイメージは「離れる」です。

コアイメージを踏まえたうえで、「away」の3つの用法を見ていきましょう。

①お休み、不在

○○ be away = ○○はお休み、不在です

I will be away from work for 2 weeks.
2週間仕事を休みます。

さかちゃん
さかちゃん
「仕事から離れる=仕事を休む」というイメージですね!

「from」のコアイメージ・用法は以下の記事でご確認ください。

前置詞「from」の意味と使い方を解説【コアイメージを捉えよう】前置詞の「from」を使いこなせていますか?本記事では、「from」のコアイメージ、意味、使い方を詳しく解説しています。難しい言葉は使わずに、誰でも分かるように説明しています。「from」の使い方を詳しく知りたい方は是非一度読んでみてくださいね。...

②距離

○○ be △△ away = ○○は△△離れたところにあります

The hotel is 2 kilometers away.
ホテルは2キロ離れたところにあります。

さかちゃん
さかちゃん
「away」の前に、距離や時間を入れることにより、「どれぐらい離れているのか」を表すことができます。
  • 2 stations away=2駅離れている
  • 5 minutes away=5分離れている

③動詞 + away

例:run away

run = 走る、away = 離れる

run away = 逃げる

He ran away.
彼は逃げた。

さかちゃん
さかちゃん
詳しい使い方は後述しますね!

「away」の使い方

away」の使い方を例文を交えて、詳しく説明していきます!

  1. お休み、不在
  2. 距離
  3. 動詞 +away

①お休み、不在

お休み」「その場にいない」「留守にしている」といったニュアンスですね。

She is away from the office.
彼女はオフィスにいません。

I will be away for a week.
1週間留守にします。

「for」のコアイメージ・用法は以下の記事からどうぞ。

前置詞「for」の意味と使い方を解説【コアイメージを捉えよう】前置詞「for」について詳しく知りたいですか?本記事では「for」の意味、使い方、コアイメージについて詳しく解説しています。誰でも理解できるように、簡単な言葉を使って説明しているので、前置詞をマスターしたい方は是非ご一読ください。...

②距離

away」で距離を表すこともできます。

The museum is 3 minutes away.
博物館は3分離れたところにあります。

The library is 5 minutes’ walk away.
図書館はここから歩いて5分です。

Shibuya is 2 stations away.
渋谷は2駅隣です。

こんな表現もありますよ↓

My house is a stone’s throw away.
私の家はすぐ近くにあります。

さかちゃん
さかちゃん
石を投げたら届く距離に家があります、という意味ですね。

I was miles away.
ぼーっとしてた。

miles away」は「何マイルも離れている」という意味ですが、そこから派生して「ぼーっとする」「心ここにあらず」といった意味になります。

さかちゃん
さかちゃん
Charlie Puth の One call away という歌を知っていますか?

その歌の中に「I’m only one call away」という歌詞があります。

直訳すると、「電話一本分しか離れていません」ですが、そこから「何かあったら教えて」「電話してくれればすぐに駆け付けるよ」といった意味になりますね。

さか妻
さか妻
日本語にはない発想だね!

③動詞 +away

動詞 + 離れる」というイメージです。

go = 行く、away = 離れる

go away = あっちに行って

stay = いる、away = 離れる

stay away = 近寄らない、関わらない

walk = 歩く、away = 離れる

walk away = 歩き去る

さかちゃん
さかちゃん
僕がカナダに住んでいた時のエピソードをシェアします↓

ある日、道を歩いていると、ベビーカーをそばに置いて自撮りをしている夫婦がいました。

その夫婦が自撮りに夢中になっていると、ベビーカーが転がって行ってしまったのです。

しかし、その夫婦は自撮りに夢中になっていて、ベビーカーが転がって行ったことに気づきませんでした。

すると、それを見た通行人が「Your stroller is rolling away!」と叫びました。

※ roll = 転がる、away = 離れる

roll away」は、ベビーカーがコロコロ転がって、自撮りをしている夫婦から離れていくイメージですね!

さか妻
さか妻
なるほど!「away」の使い方が分かってきた気がする!

覚えておきたい「away」のフレーズ3選

おまけで、覚えておきたい「away」のフレーズを3つ紹介します!

be blown away

be blown away = びっくりした、感動した、感銘を受けた

blow away」は「吹き飛ばす」という意味でして、吹き飛びそうになるぐらい心が動いたというフレーズです。

I was blown away by the movie.
その映画に感動しました。

I was blown away by her talent. 
彼女の才能には驚いたよ。

put away

put away = しまう、片付ける

put away」は子育て中の方は毎日使うフレーズかと思います。

Let’s put away the toys.
おもちゃを片付けましょう。

Where should I put this away?
これはどこに片付ければいいですか?

get carried away

get carried away = 調子に乗る

「調子に乗る」は個人的によく使うフレーズなので、紹介します。

Sorry, I got carried away.
すいません、調子に乗ってました。

He has been getting carried away lately.
彼は最近調子に乗っている。

まとめ

今回は「away」のコアイメージ・用法・使い方をご紹介しました。

いかがでしたでしょうか。

away」のコアイメージは「離れる」でしたね!

今回ご紹介したフレーズは日常生活でよく使うものばかりなので、機会があれば是非使ってみてくださいね!

ということで、また今度!