英語学習ツール

【YouGlish】無料で発音チェックできるサイトが便利すぎる件

こんにちは、さかちゃん(@SakachanEnglish)です。

今回は、英語を勉強する時に役立つウェブサイト「YouGlish」をご紹介します。

とても便利なサイトでして、僕は YouGlish なしでは生きていけないぐらい愛用しています。

この記事では、YouGlish の使い方や YouGlish を使った英語学習法を解説していきます!

YouGlish とは?

英文を読んでいて、「この単語どうやって発音するんだろう?」なんて思うことないですか?

そんな時は YouGlish の出番です。

YouGlish は調べたい単語やフレーズをYouTube動画から抽出してくれるのです!

例えば、「literally」という単語を調べると、YouTube動画から「literally」が使われているシーンを51834件、抽出してくれます。

調べた単語に黄色マーカーが引かれます。

電子辞書やGoogleなどでも発音を調べることができますが、機械が読み上げた音声ですよね。

YouGlish では、実際に人が喋っている時に、単語がどのように発音されるのかを調べることができます!

YouGlish で分かること

  • 単語の発音
  • 単語のリズム
  • 前後の単語との音の繋がり
  • どのような文脈で単語が使われているか

YouGlish の使い方

検索方法

検索方法を説明していきます!

  1. 検索窓に検索したい単語を入力
  2. Say it! ボタンを押す

今回は「neither」という単語を検索しました。

neither」が使われているシーンが11186件表示されました。

つまり、11186 通りの「neither」を聞くことができるということです。

アクセントごとに絞り込むこともできます。

  • All = 全てのアクセント
  • US = アメリカ英語
  • UK = イギリス英語
  • AUS = オーストラリア英語

例えば US ボタンを押すと、アメリカ人が「neither」を発音している動画のみを見ることができます。

イギリス英語とアメリカ英語で neither の発音を比較してみたところ、

イギリス人は「ナイザー」と発音し、アメリカ人は「ニーザー」と発音する人もいれば「ナイザー」と発音する人もいる、という感じでした。

さかちゃん
さかちゃん
アクセント別に検索できるので、TOEIC 対策する時にも役立ちそうですね。

画面の見方

各ボタンの機能を紹介していきます。

  1. ひとつ前の動画に戻る
  2. 動画を5秒巻き戻す
  3. 単語が使用されているシーンに戻る
  4. 再生
  5. 次の動画に進む
  6. 動画の再生スピードを遅くする
  7. 動画の再生スピードを速くする
さかちゃん
さかちゃん
動画の再生スピードを調節できるので、聞き取れない時は、スピードを遅くして聞いてみるといいですよ!

動画の下には、「似たような単語」と「発音記号」も表示されています。

多言語対応

YouGlish は英語以外の言語にも使えます。

アラビア語、中国語、オランダ語、英語、フレンチ語、ドイツ語、イタリア語、日本語、韓国語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語、トルコ語、手話

主要な言語はカバーしていますね。

さかちゃん
さかちゃん
手話まであるのが驚きです!

YouGlish の活用方法

YouGlish の活用方法を紹介していきます!

発音

単語が実際に使われているシーンを見ることができるので、リアルな発音を知ることができます。

例えば、「洋服」を意味する単語「clothes

さかちゃん
さかちゃん
どうやって発音すると思う?
さか妻
さか妻
ク、ク、クロージーズ…?

 

地味に発音が難しい単語ですよね。

この単語を YouGlish で調べてみると、「クローズ」と発音されているのが分かります。

閉めるを意味する「close」と同じ音です。

さか妻
さか妻
へ~、「クローズ」でいいんだ!

 

各国の発音の違いを調べることもできますよ。

例えば「international」という単語を調べてみると、アメリカ英語では「イナーナショナル」、イギリス英語では「インターナショナル」と発音されていました。

さか妻
さか妻
私はアメリカ英語派だから「イナーナショナル」って発音しようっと。

単語やフレーズを文脈の中で理解する

単語を覚えるときは、単語がどのような文脈で使われているか知ることが重要です。

YouGlish の良いところは、単語やフレーズがどのような文脈で使われているかを調べられるところです。

例えば、「get」で検索すると、「get」の用法がたくさん出てきます。

get it = 分かる

 

 

get to meet people = 人に会える

 

 

get out of one’s car = 車から降りる

 

 

フレーズ単位でも調べることができますよ。

get out」を調べてみました。

get out of bed = ベッドから出る

 

 

get out of here = ここから出ていけ

 

 

get out of a dangerous situation = 危険な状況から抜け出す

 

さかちゃん
さかちゃん
気になるフレーズは YouGlish で検索してみよう!

コロケーション

コロケーションとは単語の組み合わせです。

日本語で考えると分かりやすいと思います。

「靴を履く」は自然でも「Tシャツを履く」は不自然ですよね。

「Tシャツ」を「着る」ですよね。

英語にも自然に聞こえる単語の組み合わせがあるのです。

crazy」という単語を使って、コロケーションを調べてみると、「go crazy」(頭がおかしくなる)というコロケーションが見つかりました。

go crazy」と「become crazy」 のヒット数を比べると、以下のとおりでした。

go crazy =1585件

become crazy = 58件

crazy」は「go」と相性が良いということが分かりますね。

まとめ

今回は、英語学習に役立つサイト YouGlish をご紹介しました。

いかがでしたでしょうか。

YouGlish は無料&会員登録不要で使えるので、使わない手はないと思いますよ。

以下の記事もあわせてどうぞ!

U-NEXTは英語学習に役立つ?|英語字幕は?|どんな作品がある?本記事では、僕が実際にU-NEXTに契約して、U-NEXTが英語学習に役立つのか、英語字幕はあるのか、どんな作品があるのかを調査しました!結論を言ってしまうと、U-NEXTは英語学習に役立ちます!詳しくは、本記事でご確認ください。...