シチュエーション別

経験者が徹底解説!レストランで使える接客英語まとめ!

さか妻
さか妻
英語で接客するのって難しい~
さかちゃん
さかちゃん
難しいと感じるかもしれないけど、実は接客で使う英語って型が決まっているから、覚えちゃえば楽勝だよ!

「外国人のお客さんが来たらどうしよう・・・」

「ワーホリでちゃんと接客できるかな・・・」

とお悩みですか?

実は、接客で使うフレーズというのは、数が限られています。

この記事では、僕がカナダのレストランで働いた経験を絡めながら、実際に使われる接客英語フレーズをご紹介していきます。

この記事を使って何度も練習すれば、英語での接客もバッチリでしょう!

お客さんが来ましたよ!

英語には「いらっしゃいませ」に相当する言葉がありません。

基本的には、お客様が来店したら挨拶をします。

Hello!
こんにちは。

Good morning!
おはようございます!

Good evening!
こんばんわ!

ちょっと違和感を感じるかもしれませんが、お客様に挨拶をするのが普通です。

挨拶の後に「How are you?」(元気ですか?)などと聞くと、よりフレンドリーな印象になります。

How many?
何名様ですか?

How many in your party? などと聞くことも出来ますが、「How many?」の方が一般的です。「その聞き方って失礼じゃないの?」と思うかもしれませんが、失礼ではないので大丈夫です。

注文を取ろう!

海外のレストランでは、テーブルごとに担当ウェイターが決まっているので、自分が担当しているテーブルをしっかり見ておきましょう。

日本では店員さんを呼ぶときに「すいませーん!」と呼びかけますが、海外では基本的に手を上げるか、アイコンタクトで注文したいことを伝えます。

注文時に使うフレーズをいくつか見ていきましょう。

May I take your order?
ご注文をお伺いしてもよろしいですか?

Would you like something to drink?
お飲み物は何になさいますか?

Which size would you like?
サイズはどういたしますか?

Anything else?
ご注文は以上でしょうか?

I’ll be right back with your drinks.
先にお飲み物をお持ちしますね

What do you recommend?
おススメは何ですか?

このように聞かれたら、海外では個人的に好きな料理をおススメしちゃってオーケーです。

日本では、おススメする商品が決まっていたりしますが、海外では「『あなた』の好きなやつはどれ?」という感じで聞かれます。

I recommend this. It tastes really good!
こちらがおすすめです。とてもおいしいですよ!

などと答えましょう。

料理をテーブルに運ぼう!

料理をテーブルに置くときは、何か一言添えると丁寧になりますね。

Here’s your cheeseburger.
こちら、チーズバーガーでございます。

Have you received all your meals?
ご注文の品はお揃いですか?

Enjoy your meal!
ごゆっくりどうぞ。

Enjoy your meal!」は直訳すると、「あなたの食べ物を楽しめ」ですが、「ごゆっくりどうぞ」というの意味の定番フレーズで、海外のレストランでよく聞きます。

お客さんが食べている途中に使うフレーズも見ていきましょう。

How is everything?
お味はいかがですか?

Would you like another drink?
お飲み物のおかわりはいかがですか?

Would you like to have some dessert?
デザートはいかがですか?

May I take you plates?
お皿をおさげしてもよろしいでしょうか?

日本のレストランでは、お客さんが食べている時に、「お味はいかがですか?」「何か問題ないですか?」なんて聞くことはないと思いますが、海外のレストランではほぼ必ず聞きます。「How is everything?」「Is everything all right?」などと聞きましょう。

お会計の時間です!

日本では、お客さんが伝票をレジに持って行ってお会計を行いますが、海外のレストランでは、テーブルでお会計を行うことが多いです。

Here’s your check. 
伝票です。

Would you like to pay all together or separately?
お支払いはご一緒になさいますか?別々になさいますか?

How would you like to pay?
お支払方法はどういたしますか?

Here’s your change and receipt.
お釣りとレシートです。

お会計の後は、Thank you! Have a good day!(ありがとうございました。よい1日を)と笑顔で言うと好印象です。

お客さんが言うフレーズ

お客さんの言っている意味が分からないと、パニックになります。経験済みです(笑)

お客さんが言いそうなトリッキーなフレーズをいくつか紹介しておきますね。

I’ll do orange juice.
オレンジジュースを下さい。

「I’ll do ○○」で「○○下さい」という意味。

I’m still working on it.
まだ食べてます。

お皿を下げようとするときに言われるかも。

Can I get the bill?
お会計お願いします。

「bill」は「伝票」の意味。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

英語での接客は緊張すると思いますが、事前に練習しておけば、冷静に対応できると思います。

外国人のお客さんはいつやってくるか分かりません。突然やってきます(笑)

この記事を使って何度も練習し、いざという時のために備えておきましょう!