前置詞

前置詞「from」の意味と使い方を解説【コアイメージを捉えよう】

さかちゃん
さかちゃん
前置詞の「from」使いこなせてる?
さか妻
さか妻
う~ん、「I’m from Japan」ぐらいしか分からないな~
さかちゃん
さかちゃん
他にもいろんな用法があるんだよ。
さか妻
さか妻
へー、例えばどんな?

ということで、【前置詞徹底解説シリーズ】第9弾の今回は、前置詞「from」の解説です。

この記事では、前置詞「from」のコアイメージ・意味・使い方を説明します。

丁寧に分かりやすく説明するので、前置詞が苦手な方も安心してくださいね。

それでは、始めましょう!

前置詞「from」のコアイメージ・意味

前置詞「from」のコアイメージ

前置詞「from」のコアイメージは「起点」です。

もっと分かりやすい言葉で言うと、「出発地点」「出どころ」と言った感じですね。

上の絵でいうと、が「起点」です。

あとで、具体的に説明しますね。

前置詞「from」の意味

前置詞「from」の主な意味は以下のとおりです。

  • 「~から」
  • 「~で」
  • 「~のせいで」

「~から」の「from

この「from」は「~から」と訳すことができる、基本的な「from」です。

場所」「時間・数値」「変化」の3つに分けて説明していきます。

場所

最近はコロナウイルスの影響で在宅勤務をする方が増えてきましたね。

「在宅勤務」は「from」を使って表すことができますよ。

I work from home.
私は在宅勤務をしています。

work from home」=「家から仕事を行う」と考えるといいですよ。

以下の例文も「from + 場所」の例文です。

How far is it from here to Osaka?
ここから大阪はどのぐらいですか?

I love you from the bottom of my heart.
心の底から愛しています。

さか妻
さか妻
心の底から」は「from the bottom of my heart」と言えばいいのね!

時間・数値

from」は「時間や数値」と一緒に使われることも多いですよ。

I studied English from 6 a.m. to 12 p.m.
6時から12時まで英語の勉強をしました。

from」が「開始時間」、「to」が「終了時間」を表していますね。

from A to B」の形で使われている場合は、「AからBまで」という意味になりますよ。

さか妻
さか妻
from 6 to 12」で「6時から12時」という意味になるのね!

以下も「時間・数値」の「from」です。

The amusement park is open from 9 a.m. to 6 p.m.
その遊園地は9時から6時まで営業しています。

The number of visitors increased from 2000 to 3000.
訪問者数は2000人から3000人に増えた。

変化

from」は「変化」を表すこともできますよ。

この「from」も「to」と一緒に使われることが多いですね。

from A to B」=「AからBに変化

The story was translated from Japanese to English.
その物語は日本語から英語に翻訳された。

さかちゃん
さかちゃん
物語が「日本語」から「英語」に変化していますね。

「分離」の「from

AとBを遠ざける」「AとBを分ける」「AからBを取り除く」といったイメージの「from」ですね。

さかちゃん
さかちゃん
~から」と訳せないものもあるので注意が必要です。

遠ざける

Can you take a bottle of water from the refrigerator? 
冷蔵庫からお水取ってくれる?

お水」が「冷蔵庫」から遠ざかっていくイメージですね。

以下も同じ用法の「from」です。

I don’t want to be apart from you.
あなたと離れたくない。

apart from ~」=「~から離れる

区別する

AとBを区別する」といった意味で使われる「from」です。

I can’t tell her from her twin sister.  
彼女と双子の妹を見分けることができない。

さか妻
さか妻
tell」って「言う」じゃないの?
さかちゃん
さかちゃん
tell」には「見分ける」「区別する」といった意味もあるんだよ。

tell A from B」=「AとBを見分ける

引く

これを英語でなんと言うか分かりますか?

6-2=4

さか妻
さか妻
わかんないっす!
さかちゃん
さかちゃん
from」を使って表すんだよ。

When you subtract 2 from 6, you get 4.
6から2を引くと4になります(6-2=4)

subtract」=「引く

「出どころ」の「from

どこから来ているのか」を表す「from」です。

情報源」「材料・素材」「理由・原因」に分けて説明しますね。

情報源

まずは「情報源」の「from」です。

ちょっと体験談をシェアします

アメリカ人の友達に英語について質問をした時のことです。

僕の質問が難しかったので、アメリカ人の友達は即答することができず、パソコンで検索しだしました。

答えを見つけ出した友達は、以下のフレーズを口にしたあと、説明を始めました。

From what I’m reading,
僕が今読んでいる記事によると、

さかちゃん
さかちゃん
読んでいる記事」を「情報源」にして説明を始めようとしたわけですね。

以下も同じようなフレーズです。

From what I heard, he now lives in Okayama.
聞いた話によると、彼は今岡山に住んでいるらしいよ。

聞いた話」が「情報源」ですね。

Judging from her accent, she must be British.
アクセントから判断して、彼女はイギリス人だろうな。

イギリス人」と判断した「情報源」は「アクセント」ということですね。

どこから来たか

再び、体験談をシェアします。

僕がカナダで働いていた時のことです。

仕事が終わって帰るときに、同僚がいつもだったら「Bye」や「See you tomorrow」と言うところを、日本語で「あばよ」と言ってきたことがありました。

それを聞いた僕はこう尋ねました。

Where did you learn that from?
どこで習ったの?

さか妻
さか妻
あばよ」の出どころを尋ねたってことね。

以下も「どこから来たか(出どころ)」を示す「from」です。

I’m from Akita.
私は秋田出身です。

I got it from Shimamura.
これしまむらで買ったんだ。

材料・素材

Beer is made from barley.
ビールは麦からできている。

Cheese is made from milk.
チーズは牛乳からできている。

「made of」と「made from」の違い

made of」と「made from」ってどう違うか分かりますか?

さか妻
さか妻
学校で習ったけど、完全に忘れました!

以下のような違いがあります。

「made of」を使うとき

  • 見た感じで、何から作られているか判断できるとき

The bag is made of leather.
このバックはレザーで作られています。

レザーのバッグを見たら、明らかにそのバッグはレザーで作られていることが分かりますよね。

なので、「made of」が使われます。

「made from」を使うとき

  • 見た感じで、何からできているのか分からないとき
  • 材料が形を変えているとき

Beer is made from barley.
ビールは麦からできている。

見た目だけではビールが麦からできていると分からないですよね。

そして、麦は形を変えていますよね。

なので、「made from」が使われます。

理由・原因

from」は「理由・原因」を表すこともできます。

I’m tired from the long flight.
長旅で疲れた。

She died from breast cancer.
彼女は乳がんで死んだ。

さか妻
さか妻
疲れた理由は「長旅」ってことね。
さかちゃん
さかちゃん
そう!そして、死亡した原因は「乳がん」ってこと。

まとめ

今回は前置詞「from」のコアイメージ・意味・使い方を解説しました。

いかがでしたでしょうか。

起点」を示して、「~から」と訳す用法が多かったですね。

ただ、「~から」と訳すことができない用法もいくつかあるので、注意してくださいね。

この機会に他の前置詞も勉強しましょう↓

押さえておきたい英語の前置詞一覧【12個をイラストで解説!】前置詞を使いこなせるようになりたいですか?本記事では、押さえておきたい英語の前置詞を一覧にしてご紹介しています。イラストや例文を用いて説明しているので、イメージが捉えやすくなっています。前置詞を体系的に勉強したい方は、ぜひご覧ください。...