前置詞

前置詞「by」の意味と使い方を解説【コアイメージを捉えよう】

こんにちは、さかちゃん(@SakachanEnglish)です。

さか妻
さか妻
・前置詞は苦手だ~!

・「by」の使い方がわからん!

こんなお悩みを解決するのが【前置詞徹底解説シリーズ】です。

第2弾となる今回は「by」です。

前置詞「by」の使い方をどこよりも優しく、丁寧に解説していきますよ。

それでは、始めましょう!

前置詞「by」のコアイメージ・意味

前置詞「by」のコアイメージ

前置詞「by」のコアイメージは「~の近くに」です。

上記の絵を英語で表すと、

The ball is by the box.
ボールが箱のそばにあります。

となります。

The ball is
ボールが

by
近いです

the box.
箱に

これを並べ替えると

=ボールが箱に近いです。

=ボールが箱の近くにあります。

となるわけですね。

前置詞「by」の意味

  • ~の近くに
  • ~までに
  • ~で
  • ~の差で

場所の「by」

物理的に近い

物理的に距離が近いことを表す「by」です。

上記の「ボールと箱」の例文と同じ用法の「by」ですね。

We live by the mountain.
山の近くに住んでいます。

Could I sit by the window?
窓際に座ってもいいですか?

Do you see that guy standing by the door?
あのドアの近くに立ってる男の人いるじゃん?

「立ち寄る」の「by」

「立ち寄る」を表すイディオムには「by」が使われるものが多いです。

He stopped by the store to buy some milk.
彼は店に寄って、牛乳を買った。

She dropped by the office this morning.
彼女は、今朝オフィスに立ち寄った。

Let’s swing by the grocery store on the way home.
帰りにスーパーに寄って帰ろう。

Why don’t you come by my house tonight?
今夜、うちに寄って行ってよ。

時間の「by」

~までに

締め切りを表したい時も「by」が使えますよ。

I’ll be home by 10.
10時までには帰ってくるよ。

I need to finish my homework by tomorrow.
明日までに宿題を終わらせないと。

When do you need it by?
それいつまでに必要?

上記の例文で使われている「by」は「~までに」という締め切りを表していますね。

では「until」とはどう違うのでしょうか。

違いを見てみましょう。

「by」と「until」の違いとは

by」と「until」は似ていますが、使い分ける必要があります。

そこで、僕が考えた「by」と「until」の見分け方を伝授します。

以下のように覚えてみてください。

by」→ までに

until」→ までずっと

これを頭に入れて、以下の例文を見てみましょう。

Please come back by 3 pm.
3時までに戻ってきてください。

I’ll be free until 3 pm.
3時まで(ずっと)フリーだよ。

You need to submit it by tomorrow.
明日までに提出する必要があります。

I will stay in Nagoya until tomorrow.
明日まで(ずっと)名古屋に滞在します。

いかがですか。

大切なのでもう一度言います。

以下を覚えてください。

by」→ までに

until」→ までずっと

上記を踏まえて、以下の例を見ると違和感を感じるはずです。

Please come back until 3 pm.
3時まで(ずっと)戻ってきてください。

I’ll be free by 3 pm.
3時までにフリーだよ。

正しくは以下のとおりですね。

Please come back by 3 pm.
3時までに戻ってきてください。

I’ll be free until 3 pm.
3時まで(ずっと)フリーだよ。

では、ちゃんと理解できているかチェックしてみましょう。

【練習問題】
次の (   ) 内には by と until のどちらが入るでしょうか?

I need to finish the report (       ) tomorrow.

②I was watching a movie (       ) 1 am.

【答え】
byuntil

これを覚えておくと「by」と「until」で混乱することはなくなりますよ。

手段の「by」

「~で」の「by」

by」は「手段」を表すこともできます。

I went to Osaka by train.
電車で大阪に行きました。

He came to Japan by plane.
彼は飛行機で日本に来ました。

I made a reservation by phone.
電話で予約しました。

この辺りは学校で習った覚えのある方も多いかもしれませんね。

「~によって」の「by」

○○○○ by + ~ ing」の形で使われる「by」ですね。

I relieve my stress by dancing
ダンスをしてストレス発散します。

ダンスをすることによってストレスを発散しているということです。

「by」以降は「by singing」や「by going shopping」などに変更することもできますね。

I study English by watching movies.
映画を見て英語を勉強しています。

数の「by」

「差」を表す「by」

何かが増えたり、減ったりしたときに、どのくらい増えたのか、どのくらい減ったのかを表すために「by」を使います。

The profits increased by 30%.
収益が30%増加した。

The population increased by 1000 people.
人口が1000人増えた。

to」と「by」を区別しよう

以下の文章はどういった違いがあるか分かりますか?

①The population increased to 1000 people.
人口が1000人増えた。

②The population increased by 1000 people.
人口が1000人増えた。

どうですか?

微妙な違いですよね。

簡単に言うと、

①は「1000人増えた」

②は「1000人増えた」

詳しく言うと、

①The population increased to 1000 people.
総人口数が1000人に増えた。何人増えたかは不明

②The population increased by 1000 people.
増えた人数が1000人。総人口数は不明

です。

to ⇒ 増えた結果、何人になったか

by ⇒ 何人増えたか

「動作」の「by」

受け身の文章で動作主を示す「by」ですね。

The building was designed by Hanako Tanaka.
この寺は田仲花子によってデザインされた。

This book was translated by Taro Yamada.
この本は山田太郎によって翻訳された。

「by」のあとに、「人」以外が続くこともありますよ。

I was surprised by the news.
私はそのニュースに驚いた。

まとめ

今回は前置詞「by」の解説をしました。

いかがでしたでしょうか。

by」と「until」を見分けるのは難しいですよね。

今回ご紹介した方法で繰り返し練習してみてくださいね。

一度で理解できないと感じたら、何度か読み返してみると良いと思いますよ。

ほかの前置詞も一緒に勉強しよう↓

押さえておきたい英語の前置詞一覧【12個をイラストで解説!】前置詞を使いこなせるようになりたいですか?本記事では、押さえておきたい英語の前置詞を一覧にしてご紹介しています。イラストや例文を用いて説明しているので、イメージが捉えやすくなっています。前置詞を体系的に勉強したい方は、ぜひご覧ください。...