英語フレーズ

コツが分かれば簡単!「否定疑問文」への答え方を解説します!

突然ですが、

日本語で「納豆好きじゃないの?」と聞かれたら、どう答えますか?

納豆が好きな場合 ⇒ いや、好きだよ。
納豆が嫌いな場合 ⇒ うん、好きじゃないよ。

こんな感じですよね。

では、英語ではどうなるでしょう?

Don’t you like natto?
納豆好きじゃないの?

納豆が好きな場合 ⇒ Yes, I like natto.
納豆が嫌いな場合 ⇒ No, I don’t like natto.

となります。

混乱しますよね(笑)

詳しく解説していきます!

「否定疑問文」と「普通の疑問文」の答え方は同じ

この質問にはどう答える?

Don’t you know him?(否定疑問文)
彼のこと知らないの?

知っている場合 ⇒ Yes, I know him.
知らない場合 ⇒ No, I don’t know him.

じゃあこれはどう答える?

Do you know him?(普通の疑問文)
彼のこと知ってる?

知っている場合 ⇒ Yes, I know him.
知らない場合 ⇒ No, I don’t know him.

ご覧の通り、答え方は全く同じです。

「否定疑問文」と「普通の疑問文」の答え方は同じ

練習問題にチャレンジ

質問をするので、答えを考えてみてください。

【質問①】

Aren’t you hungry?
お腹空いてないの?

【答え】

お腹が空いている場合 ⇒ Yes, I am hungry.
お腹が空いていない場合 ⇒ No, I am not hungry.

【解説】

先ほど説明した通り、 「否定疑問文」と「普通の疑問文」の答え方は同じなので、

Aren’t you hungry? を Are you hungry? に置き換えて考えると分かりやすいですね。

【質問②】

Isn’t it spicy?
辛くないの?

【答え】

辛い場合 ⇒ Yes, it is spicy.
辛くない場合 ⇒ No, it is not spicy.

【解説】

Is it spicy? (それは辛いですか?) と同じ答え方でオーケーなので、

辛い場合は Yes、辛くない場合は No です。

「付加疑問文」と「普通の疑問文」の答え方は同じ

「付加疑問文」も同じ原理です。

You are tired, are’t you?(付加疑問文)
疲れてるんじゃない?

疲れている場合 ⇒ Yes, I am tired.
疲れていない場合 ⇒ No, I am not tired.

Are you tired?(普通の疑問文)
疲れてる?

疲れている場合 ⇒ Yes, I am tired.
疲れていない場合 ⇒ No, I am not tired.

ご覧の通り、全く同じ答え方です。

「付加疑問文」と「普通の疑問文」の答え方は同じ

練習問題にチャレンジ

質問をするので、答えを考えてみてください。

【質問①】

You are not angry, are you?
怒ってないよね?

【答え】

怒っている場合 ⇒ Yes, I am angry.
怒っていない場合 ⇒ No, I am not angry.

【解説】

先ほど説明した通り、 「付加疑問文」と「普通の疑問文」の答え方は同じなので、

You are not angry, are you? を Are you angry? に置き換えて考えると分かりやすいですね。

【質問②】

He lives in Tokyo, doesn’t he?
彼、東京住んでるんだよね?

【答え】

東京に住んでいる場合 ⇒ Yes, he lives in Tokyo.
東京に住んでいない場合 ⇒ No, he doesn’t live in Tokyo.

【解説】

Does he live in Tokyo? (彼は東京に住んでいますか?) と同じ答え方でオーケーなので、

東京に住んでいる場合は Yes、東京に住んでいない場合は No です。

まとめ|「否定疑問文」への答え方

ちょっとややこしかったので、最後に復習しましょう。

冒頭の質問、

Don’t you like natto?
納豆好きじゃないの?

あなたならどう答えますか?

納豆が好きなら、Yes, I like natto.
納豆が嫌いなら、No, I don’t like natto.

ですね。

Do you like natto?(納豆好きですか?) に答えるように答えればオーケーです。

いかがでしたでしょうか。

否定疑問文はTOEICのパート2でもよく出題されるので、TOEIC高得点を狙っている方は、今回の内容を復習してみてくださいね。

すこし難しいですが、何度も練習すると慣れてきますよ!