前置詞

前置詞「of」の意味と使い方を解説【コアイメージを捉えよう!】

さかちゃん
さかちゃん
今日は前置詞の「of」を徹底解説していくよ。
さか妻
さか妻
of」なんて「~の」って覚えとけば楽勝でしょ?
さかちゃん
さかちゃん
of」には「~の」以外にも使い方があるんだよ。
さか妻
さか妻
そうなの?じゃあ詳しく教えてよ!

ということで、【前置詞徹底解説シリーズ】第10弾の今回は「of」を解説していきます。

前置詞「of」は「~の」という意味が有名ですが、それ以外にも使い方があるんです。

なるべく分かりやすく解説していきますね。

それでは、始めましょう!

前置詞「of」のコアイメージ・意味

前置詞「of」のコアイメージ

前置詞「of」のコアイメージは「一部」です。

 

さか妻
さか妻
一部?

 

以下は「パズル(Puzzle)」の絵です。このパズルの「一部」を表したい時は「of」を使います。上記の絵を言語化すると、

A piece of the puzzle.
パズルのピース

となります。

さかちゃん
さかちゃん
パズルの一部」を表すのに、「of」を使うんだと考えて下さいね。

なるべくこのコアイメージに関連付けて解説していきますね。

前置詞「of」の意味

前置詞「of」の意味・用法は以下のとおりです。

  • 「~の」
  • 「~のなかで」
  • 「量のof」
  • 「材料のof」
  • 「性格のof」

「一部 of 全体」の「of」

冒頭で説明した通り、「of」を使って「一部」を表すことができます。

公式で表すとこんな感じです。

「一部 of 全体」

絵で表すとこんな感じです。

Top of the mountain
山の頂点

「一部 of 全体」

Top of the mountain

頂点」は山の「一部」ですよね。

Tokyo Olympics will be held in summer of 2021
東京オリンピックは2021年の夏に行われるだろう。

「一部 of 全体」

summer of 2021

」は「2021年」の「一部」ですね。

もう一つ例を挙げましょう。

He is a member of the baseball team. 
彼は野球チームの一員です。

「一部 of 全体」

a member of the baseball team

さか妻
さか妻
」は「野球チーム」の「一部」ってことか。

間違えやすい「of」と「to」

of」=「~の」とだけ覚えていると、ミスることもありますよ。

ドアの鍵

Key of the door

Key to the door

」につられて、「Key of the door」と言ってしまいがちですが、「Key to the door」が正解です。

 

さか妻
さか妻
なんで「of」じゃダメなの?

 

of」のコアイメージは「一部」と説明しましたね。

「一部 of 全体」≠ key of the door

 

さかちゃん
さかちゃん
ドア一部ではないよね。
さか妻
さか妻
だから「of」が使えないのね!でも、なんで「to」なの?

 

Key to the door」の「to」は「対応する」という意味です。

ドアに対応する鍵」と考えるといいですね。

of と「’s」の違い

映画のタイトル」って英語でなんて言うと思いますか?

the title of the movie」でしょうか?

それとも「the movie’s title」でしょうか?

さか妻
さか妻
どっちでもよくね?
さかちゃん
さかちゃん
どっちでもよくないんだよ。以下のような違いがあるんだ。

’s

「’s」動物に使います。

Olivia’s car
オリビアの車

dog’s tail
犬のしっぽ

誰々の○○」と言いたい時は「誰々’s ○○」ですね。

of

「of」は人・動物以外に使います。

the title of the book
本のタイトル

the smell of gasoline
ガソリンのにおい

ということは、「映画のタイトル」を英語で言うと?

さか妻
さか妻
「映画」は人・動物以外だから・・the title of the movie! 
さかちゃん
さかちゃん
そのとおり!

「範囲」の「of」

「一部 of 全体」から派生して「○○ of 範囲」と捉えることもできますよ。

I like dogs the best of all animals.
動物の中で犬が一番好き。

この文章を2つに分けてみましょう。

I like dogs the best
私は犬が一番好きです

of all animals.
動物という範囲の中で

I like dogs the best of all animals.
動物の中で犬が一番好き。

となるわけですね。

以前、以下のツイートをしました。

範囲」の「of」が使われていますよ。

一文抜粋してみましょう。

Why did you choose me of all people?
よりによってなんで私を選んだの?

この文章も2つに分けますよ。

Why did you choose me
なぜ私を選んだの

of all people
すべての人の中で

さかちゃん
さかちゃん
of all people」が範囲だね。
さか妻
さか妻
こんだけいろんな人がいる中で、よりによってなぜ私を選んだの?」ってことね。

「量」の「of」

of」は「」を表すこともできますよ。

「数 of ○○」

a glass of water
一杯の水

hundreds of books
何百冊もの本

a lot of doughnuts
たくさんのドーナツ

most of my friends
友達の多く

「材料」の「of」

材料」の「of」です。

This desk is made of wood.
この机は木でできています。

of」のコアイメージは「一部」と説明しました。

さかちゃん
さかちゃん
上記の絵に関しては、こう考えてみてはいかがでしょうか。

This desk is made of wood.
一部を利用してが作られた。

さか妻
さか妻
一部になったってことか。

その他の例文も見てみましょう。

The shirt is made of silk.
このシャツはシルクでできています。

My wallet is made of leather.
私の財布は皮でできています。

「性格」の「of」

of」は性格を表す単語と一緒に使われます。

It’s kind of you to do that.
そんなことしてくれるなんて親切ね。

さかちゃん
さかちゃん
親切さ」は「あなた」から出てきた一部であると考えることができますね。
さか妻
さか妻
ちょっと無理矢理感あるなぁ(笑)
さかちゃん
さかちゃん
まあまあ、そう言わずに。他の例文も見てみよう。

It’s sweet of you to help me.
手伝ってくれるなんて、あなた優しいのね。

It was stupid of you to do such a thing.
そんなことするなんて馬鹿だな。

まとめ

今回は前置詞「of」のコアイメージ・意味・使い方を紹介しました。

いかがでしたでしょうか。

of」は簡単そうで、奥が深いですね。

理解できなかったところは、何度も読み返して復習してみてくださいね。

ほかの前置詞も一緒に勉強しよう↓

英語の前置詞一覧|12個をイラストで分かりやすく解説!本記事では、英語の前置詞12個を一覧にして、分かりやすく解説しています。イラストや例文を用いて説明しているので、イメージが捉えやすくなっていますよ。前置詞を体系的に勉強したい方はぜひご覧ください!...