英語フレーズ

英会話に使える!「do」の意外な意味と使い方を徹底解説!

さかちゃん
さかちゃん
今日は「do」の使い方を紹介していくよ!
さか妻
さか妻
「do」って「~する」って意味でしょ?
さかちゃん
さかちゃん
実は、「do」には「~する」以外にも便利な使い方がたくさんあるんだ。詳しく解説していくよ!

事足りるを意味する「do」

○○ will do = ○○で事足りる

僕がカナダのレストランで働いていた時の話をします。同僚がお花に水やりをするために「じょうろ」を探していました。

同僚:じょうろ見なかった?

僕:バケツならあるよ。

同僚:That’ll do.

That’ll do.
それでいいよ。

このシチュエーションで、「That」は「バケツ」を指しています。水やりするだけなら「バケツ」があれば事足りるから「バケツでいいよ」ということですね。

その他の例を見てみましょう。

A: What do you want to drink?
何飲みたい?

B: Water will do.
水でいいよ。

A: Which would you like, coffee or tea?
コーヒーか紅茶どっちがいい?

B: Either will do.
どっちでもいいよ。

家事に使える「do」

「do」を使って様々な家事を表すこともできます。

いくつか例文を見てみましょう。

I’ll do the dishes.
僕が皿を洗うよ。

I need to do the vacuuming.
掃除機かけないと。

I did some cleaning yesterday.
昨日は掃除をしました。

Did you do the laundry today?
今日、洗濯した?

さかちゃん
さかちゃん
もちろん、I’ll wash the dishes(僕が皿を洗うよ)などと言うこともできますが、上記のように「do」を使うと簡単に色んな家事を表すことができますね。

注文時に使える「do」

僕がカナダのレストランで働いていた時、下記のフレーズをよく耳にしました。

I’ll do ○○.
○○を下さい。

注文する時の定番フレーズとして、Can I get ○○? や I’ll have ○○ がありますが、I’ll do ○○と注文するお客さんも結構いました。

さらっと言えたらかっこいいので、僕もレストランで注文する時はこのフレーズを使っています。

いくつか例文を見てみましょう。

店員さん: What can I get for you?
何にいたしましょうか?

お客さん: I’ll do the fish and chips.
フィッシュアンドチップスを下さい。

A: What are you getting?
何にするの?

B: I think I’ll do the fish tacos.
フィッシュタコスにしようかな。

強調を意味する「do」

動詞の前に「do」を置くことによって、動詞を強調することができます。

例文を見てみましょう。

A: So you don’t like sushi.
じゃあ寿司は好きじゃないの?

B: I do like sushi.
いや、好きだよ。

上記の例では、「お寿司が好き」という事実を強調するために、動詞「like」の前に「do」が置かれています。

I do like sushi と I really like sushi の違いは?

I do like sushi = お寿司が好きという「事実」を強調している。(お寿司好きだよ)

I really like sushi = 「どれほどお寿司が好きか(程度)」を強調している。(お寿司めちゃくちゃ好きだよ)

さらに例文を見ていきましょう。

I do like him, but he is not my type.
彼のこと好きだよ。でもタイプではないのよね。

この文章では、「彼のことがめちゃくちゃ好き」と言っているのではなく、「彼のことが好きだ」という事実を強調しています。

A: He didn’t come to the party, right?
彼はパーティーに来なかったんだよね?

B: He did come to the party, but he left early.
いや、来たよ。来たけど早く帰ったんだ。

過去形の時は「do」の代りに「did」を使います。

ここで気を付けないといけないポイントは、「did」の後には「動詞の原形」が続くことです。

:He did came to the party.

:He did come to the party.

まとめ|「do」の意味と使い方

「do」の意外な意味と使い方を解説してみました。

いかがでしたでしょうか。

「do」=「簡単な単語」と思われがちですが、今回ご紹介した通り、「do」には色んな使い方があります。意外と奥が深いですよね。

是非この機会に「do」を使いこなせるようにして、表現の幅を広げていきましょう!

awayは使いこなせると便利!コアイメージ・用法・使い方を徹底解説!皆さん「away」を使いこなせていますか?「away」が使いこなせるようになると、表現の幅が広がりますよ!この記事では「away」の意味・用法・使い方を徹底解説しています。記事の後半では、覚えておきたい「away」のフレーズもご紹介していますので、お見逃しなく!...